咬みグセの回避法

MENU
スポンサーリンク

咬みグセの回避法 関連ページ

犬の問題行動を改善するには、問題行動の原因を突き止めたうえで、根本から解決すべきです。ただ、こと噛み癖に関しては、根本から改善することがベストとは限りません。それは、咬みグセを根本から直すためのトレーニングは膨大な時間と手間がかかるのです。咬みグセを修正するトレーニング(しつけ)は、犬の様子を見ながら、徐々に細かいプロセスを経て、レベルをあげていき、咬みつきが起きないように気を配る必要があるのです...

咬みつかせないための犬の管理をする前に、愛犬がどのようなときに噛むのか、そのシーンを予測できなくてはいけません。いつ、どこで、どんなときに、愛犬が噛んだのか、咬んだシーンを分析して、しっかり、頭に叩き込んでおかなければならないのです。たとえば、食事中に咬んだとしても、そのときに、何のきっかけで咬みつくきっかけになったのかを把握しておくのです。噛むきっかけを取り除く犬の食事中に触ったら噛むなら「犬に...

犬の咬みグセといっても、いちがいにすべて一緒のケースというわけではありません。犬によって、噛む原因やきっかけ、咬んでくる様子はまったく違います。残念ながら、トレーニングや犬の管理をしても、改善が難しいケースもあります。子犬のころの社会化が不十分だったために、咬みつきの抑制ができなくて、人間に大怪我をさせてしまう犬、臆病なために咬みつきスイッチがいつ入るのか予測不可能な犬、大型犬で行動をコントロール...