犬の噛み癖は予防する

MENU
スポンサーリンク

噛み癖の予防 関連ページ

子犬は本来おとなしく触らせません。ブラッシングや爪きり、首輪をつけるときなど、カラダを触られることを嫌がって暴れてしまう犬も多いです。獣医師の診察やトリマーのケアなど、カラダを制止されるのを嫌がって、バタバタする子犬もいるのです。子犬のうちから、人に触られることの気持ちよさを教えて、誰に触られてもいいようにしておきましょう。犬に触れても平気でいるレッスン十分な遊び道具や散歩で犬のエネルギーを発散さ...

オヤツや食器、犬ガム、オモチャ、お気に入りのソファ、ベットで寝ている犬はそのベットなど、特定の場所は、特に犬が執着するため、取られそうになると威嚇しやすいのです。子犬のうちから、お気に入りのものを守らせないトレーニングをしておきましょう。トレーニング中はオヤツを使って誘導しましょう。オヤツに釣られて、お気に入りを口から離したり、一定の場所から離れたりするように仕向けるのがポイントです。お気に入りを...