自分の物を守るため噛み付く犬

MENU

自分の物を守るため噛み付く犬

犬は自分の物を守りたがる傾向があります

 

人間でも日記や携帯など人には見られたくないのと一緒です。ですから、自分の部屋に勝手に入られるのも嫌なものですし、大切にとっておいた最後の一口の大好物を他人がとったら、すごく怒りますよね。

 

それと同じで、犬にとってはお気に入りのものを、誰かがとろうとしたら、怒りますし、自分の寝床を取られそうなったり、食べ物をとられそうになったら、怒って噛み付きにつながることがあります。

 

人間にとって価値がないものでも犬にとっては大事なもの

食べ物の入った食器やガムを守ろうとする行為

食料の調達」は犬にとっては切実な問題です。食べ物でなくても、器を片付けようとしたら、噛み付かれたというのもよく聞きます。

小さいころ、何かを食べていた野良犬を撫でました。そしたら、撫でた手を「ガブ」と咬まれたのです。
いまでも、その傷跡があります。犬としては「うるせえよ」と言ったのかも知れません。

 

うちの犬は食べているときにカラダに触っても何も反応しませんが、ほかの犬が食事中には触らないようにしています。

 

食べ物以外の大事なもの

お気に入りのオモチャ、ゴミ箱から拾った菓子箱、散歩中に落ちていたティッシュなど、人間には少し理解に苦しむものも守ろうとします。飼い主は、「汚いからやめなさい」というつもりでも、犬は奪われると思うと威嚇して噛み付いたりします。

 

寝ている場所を守る

寝ている場所も、もちろん、お気に入りの場所です。飼い主がどかそうとすると、犬はお気に入りの場所を守ろうとして噛み付きのスイッチが入ってしまいます。

うちにいるヨーキーは、いつも自分が寝ているところではなくて、ほかの犬が寝ているところを奪い、敷物をグチャグチャにします。そこで、どかして敷物を直そうとすると、威嚇します。ほかの犬が「自分の場所なのに」というと、その犬に向かって噛み付いていきます。なんかわがままでねぇ。。。

 

動くものに飛び掛って噛み付く

目の前で動くもの、自転車や走っている人に飛び掛って噛み付くのは、食べ物などお気に入りを守ろうとしているわけではありません。

 

もともと、犬は捕食動物なので、本能的に動くものは獲物という考えの行動の一つです。


スポンサーリンク

関連ページ

犬は咬む動物
犬はもともと咬む動物で、相手を傷つける牙があります。捕食動物で相手を噛むことによって、生き残る自然な行為なのです。うなって威嚇して咬みつくことが当然と思って対応する必要があります。
自分の身が危険なとき犬は噛み付く
犬に限らず動物は自分の身を守ろうとしたとき咬み付きが起こる場合が多いのです。カラダに触られるのが嫌な犬や、以前、爪きりをされて痛かった記憶など、足先に触られるのが嫌な犬もいます。
犬同士で争う!どんな犬でも咬む可能性がある
一般家庭で飼っている犬は、散歩しているときに、犬同士が鉢合わせしたとき、すぐ噛み付く犬はマレです。特に小型犬を飼っている飼い主は警戒心がない場合が多いです。小型犬や臆病な犬ほど、噛み付きやすいのです。
犬が咬まずにはいられない原因
犬が噛み付く理由が一つだけとは限りません。いくつかの理由が複雑に絡んで咬んでしまう場合が多いのです。
子犬の甘咬みが噛み癖の原因
子犬は親や兄弟と遊びを通して噛んだり、噛まれたりしながら、相手にプレッシャーを与える方法を学びます。歯を軽くあてたり、空咬みすることで、相手に怪我をさせないように学習していくのです。
犬種による噛み付きの傾向
犬は人間が仕事をさせるために、その目的にあったように交配して、仕事にあった癖を持つようにしました。同じ犬種でも固体によって、それぞれの性格もありますが、各犬種には似たような傾向があります。
犬が噛む様になったら病気の疑い
今までは、何をしても噛むことがなかったのに、見た目にもイライラしているように見えたり、突然、咬む様になったりなど、犬の行動が明らかに変わったと思えるときには、病気の疑いもありますので注意が必要です。